あらゆるエイジングサインに効果があると言われている「オルビスユー」。

 

オルビスユーとアテニアはエイジングケアにどちらがより効果的なのでしょうか?

 

比較してみました!

 

 

オルビスユーとアテニアの比較

オルビスユー

オルビスユー全成分

オルビスユーウォッシュ全成分
水、グリセリン、ミリスチン酸、パルミチン酸、ラウリン酸、水酸化K、ステアリン酸、マルチトール、デシルグルコシド、モロッコ溶岩クレイ、ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキス、アマモエキス、ポリクオタニウム-7、ポリクオタニウム-39、BG、DPG、セルロースガム

 

オルビスユーローション全成分

水、BG、グリセリン、ジグリセリン、プロパンジオール、PPG-24グリセレス-24、ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキス、アマモエキス、シナノキエキス、PEG-75、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、PEG-400、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、キサンタンガム、カルボマー、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン

 

オルビスユーモイスチャー全成分
水、グリセリン、BG、ジグリセリン、PPG-24グリセレス-24、ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキス、アマモエキス、カラスムギ穀粒エキス、PEG-75、プロパンジオール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、PEG-150、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、アクリル酸Naグラフトデンプン、酸化チタン、カルボマー、ベントナイト、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン

オルビスユーの洗顔料・化粧水・保湿液は肌に刺激のある成分は配合していないので、敏感肌の方でも安心して使用することができます。

 

オルビスユーの特徴

オルビスユーの洗顔料、化粧水、保湿液は全商品共通でアルコールフリーで、保湿成分であるキーポリンブースターが配合されているのが特徴です。

 

キーポリンブースターとは

オルビスユーには「肌細胞に潤いを届ける水もの通り道」をつくる保湿成分の キーポリンブースターが全商品に配合されています。

 

キーポリンブースター成分
アマモエキス

角層の水分保持機能をサポートし、肌のハリや透明感を保ってくれます。

 

アマモエキスにはメラニンを合成する酵素「チロシナーゼ」を抑えたり、メラニンを作る動きを抑制する働きがあります。

 

モモ葉エキス

モモ葉エキスには、保湿作用、抗菌作用や紫外線紅班抑制、抗炎症作用があり、化粧水以外では入浴剤やハンドクリームなど、特に保湿作用を目的に配合されているので、内側から明るくうるっとした肌へ整える効果があります。

 

ヤグルマギク花エキス

ヤグルマギク花エキスは、しわやたるみを抑える引き締め効果や、ニキビなどの肌トラブル解消、そして保湿効果があります。

 

オルビスユーに配合されているキーポリンブースターは、 肌全層の水の通り道である「アクアポリン」にアプローチする上記の3種類の成分からできているものです。

 

上記のキーポリンブースター成分は肌の細胞内部までうるおいで満たしてくれるという特徴があるのです。

 

オルビスユーのデメリット

オルビスユーモイスチャーにはスパチュラがついていない

オルビスユーモイスチャーにはスパチュラが付属していないので、ご自身で用意する必要があります。

 

そのまま指ですくって使用すると雑菌の繁殖の原因になるので注意してください。

 

アテニア

アテニア全成分

アテニア ドレスリフト フェイシャルソープ 全成分
ミリスチン酸Na、水、グリセリン、スクロース、ラウリン酸Na、PEG-60水添ヒマシ油、ラウロアンホ酢酸Na、パルミチン酸Na、ステアリン酸Na、ミリスチン酸K、ソルビトール、ラウリルグリコールカルボン酸Na、ラウリン酸K、クインスシードエキス、加水分解コラーゲン、ローヤルゼリーエキス、プラセンタエキス(サケ)、カミツレ花エキス、ロニセラカエルレア果汁、ブドウ種子エキス、サリックスニグラ樹皮エキス、アンペロプシスグロセデンタタ葉エキス、ノバラ油、オレンジ油、ラベンダー油、ローズマリー葉油、ニオイテンジクアオイ油、BG、DPG、ペンチレングリコール、シアノコバラミン、カラメル、塩化Na、ポリクオタニウム-47、ポリクオタニウム-6、ステアリン酸K、パルミチン酸K、クエン酸、エチドロン酸4Na、EDTA-4Na、エタノール、安息香酸Na、フェノキシエタノール

 

アテニア ドレスリフト ローション 全成分

水、DPG、メチルグルセス-10、グリセリン、BG、クインスシードエキス、加水分解コラーゲン、ローヤルゼリーエキス、プラセンタエキス(サケ)、カミツレ花エキス、ラフィノース、アンペロプシスグロセデンタタ葉エキス、ダマスクバラ花油、ノバラ油、ニオイテンジクアオイ油、ローマカミツレ花油、オレンジ果皮油、ラベンダー油、ジグリセリン、ベタイン、ペンチレングリコール、ポリクオタニウム-51、エチルヘキシルグリセリン、カルボキシメチルデキストランNa、キサンタンガム、アルギン酸Na、カルボマーK、PEG-60水添ヒマシ油、ポリソルベート60、フェノキシエタノール

 

アテニア ドレスリフト デイエマルジョン 全成分
水、グリセリン、ホホバ種子油、DPG、マカデミア種子油、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)、BG、ジメチコン、ペンチレングリコール、クインスシードエキス、加水分解コラーゲン、ローヤルゼリーエキス、プラセンタエキス(サケ)、カミツレ花エキス、グレープフルーツ果実エキス、プルーン分解物、サクシノイルアテロコラーゲン、加水分解コメエキス、ダマスクバラ花油、ノバラ油、ニオイテンジクアオイ油、ローズマリー葉油、オレンジ果皮油、ローマカミツレ花油、ラベンダー油、スクワラン、パルミチン酸セチル、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、水添レシチン、トコフェロール、ベタイン、ラフィノース、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、シアノコバラミン、エチルヘキシルグリセリン、キサンタンガム、スクレロチウムガム、カルボマーK、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ポリソルベート60、イソステアリン酸ソルビタン、リン酸2Na、リン酸K、フェノキシエタノール

 

アテニア ドレスリフト ナイトクリーム 全成分
水、スクワラン、BG、トリエチルヘキサノイン、グリセリン、ジメチコン、ステアリン酸グリセリル(SE)、ポリソルベート60、ペンチレングリコール、ベヘニルアルコール、ステアリン酸、クインスシードエキス、加水分解コラーゲン、ローヤルゼリーエキス、プラセンタエキス(サケ)、カミツレ花エキス、プルケネチアボルビリス種子油、グリコーゲン、ヒアルロン酸クロスポリマーNa、アンペロプシスグロセデンタタ葉エキス、アメリカネズコ木水、ダマスクバラ花油、ノバラ油、ニオイテンジクアオイ油、ラベンダー油、ローマカミツレ花油、オレンジ果皮油、テトラ(ヒドロキシステアリン酸/イソステアリン酸)ジペンタエリスリチル、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、トコフェロール、セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド、ローズマリーエキス、シアノコバラミン、キサンタンガム、カルボマーK、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、パプリカ色素、PEG-60水添ヒマシ油、イソステアリン酸ソルビタン、フェノキシエタノール

 

アテニア ドレスリフトシリーズは肌に刺激のある成分は配合していないので、敏感肌の方でも安心して使用することができます。

 

アテニア ドレスリフトの特徴

アテニア ドレスリフトは肌のハリに着目したエイジングケア化粧品です。

 

お肌のハリをふっくらぴん!

ドレスリフトにはお肌をふっくらぴん!とする独自の原材料を配合しています。

 

発酵コラーゲンでふっくらなハリを、クインシーズドエキスでしなやかなハリを。

 

他にも天然由来の高機能アロマを配合してお肌のハリを整えます。

 

時計美容

アテニアでは朝晩違ったケア商品を使用することで時間に合わせたケアを行っています。

 

アイテムを使い分けることでその時に一番必要な成分を届けることができるのです。

 

アテニア ドレスリフトのデメリット

全ライン揃えると高額になる。

他社商品に比べてそれほど高額ではありませんが、全ライン揃えるとやはりそれなりの値段になってしまいます。

 

まずはトライアルセットで実際に商品を試してみてください。

 

乾燥肌の場合は保湿が物足りなく感じる

アテニア ドレスリフトの口コミを調べるといくつか「保湿が物足りない」という声が見られました。

 

クリームなどの二度塗りである程度は改善すると思いますが保湿を重視している方は注意してください。

 

結果

どちらもエイジングケアに効果がありますが、全般的なエイジングケアに悩んでいる方はオルビスユーを、肌のハリの衰えに悩んでいる方アテニア ドレスリフトシリーズがおすすめです。

オルビスユーモイスチャーにはスパチュラがついていないので、ご自身で用意してください。

 

100均などで安く手に入ります。

 

 

まとめ

まとめますとこのようになります。

 

・オルビスユーの洗顔料、化粧水、保湿液は全商品共通でアルコールフリーで、保湿成分であるキーポリンブースターが配合されているのが特徴です。

 

・オルビスユーには“肌細胞に潤いを届ける水もの通り道”をつくる保湿成分の キーポリンブースターが全商品に配合されている。

 

・アテニア ドレスリフトは肌のハリに着目したエイジングケア化粧品。

 

・発酵コラーゲンでふっくらなハリを、クインシーズドエキスでしなやかなハリを、他にも天然由来の高機能アロマを配合してお肌のハリを整える。

 

・アテニアはアイテムを使い分けることでその時に一番必要な成分を届けることができる。

 

・アテニアは全ライン揃えるとそれなりの値段がかかる。

 

・アテニアは乾燥肌の場合保湿が物足りないことがある。

オルビスユーみんな読んでる関連記事
オルビスユーの口コミはどうなの?衝撃的すぎる悪い評判とかないの?