あらゆるエイジングサインに効果があると言われている「オルビスユー」。

 

オルビスルーの全成分にはどのようなものが配合されているのでしょうか?

 

添加物などの危険性について調べてみました!

 

 

オルビスユーの全成分は?

オルビスユー

オルビスユー全成分

オルビスユーウォッシュ全成分
水、グリセリン、ミリスチン酸、パルミチン酸、ラウリン酸、水酸化K、ステアリン酸、マルチトール、デシルグルコシド、モロッコ溶岩クレイ、ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキス、アマモエキス、ポリクオタニウム-7、ポリクオタニウム-39、BG、DPG、セルロースガム

 

オルビスユーローション全成分
水、BG、グリセリン、ジグリセリン、プロパンジオール、PPG-24グリセレス-24、ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキス、アマモエキス、シナノキエキス、PEG-75、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、PEG-400、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、キサンタンガム、カルボマー、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン

 

オルビスユーモイスチャー全成分

水、グリセリン、BG、ジグリセリン、PPG-24グリセレス-24、ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキス、アマモエキス、カラスムギ穀粒エキス、PEG-75、プロパンジオール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、PEG-150、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、アクリル酸Naグラフトデンプン、酸化チタン、カルボマー、ベントナイト、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン

 

オルビスユーの洗顔料・化粧水・保湿液は肌に刺激のある成分は配合していないので、敏感肌の方でも安心して使用することができます。

 

また、全成分アルコールフリーで保湿成分であるキーポリンブースターが配合されているのが特徴です。

 

キーポリンブースターとは

オルビスユーには“肌細胞に潤いを届ける水もの通り道”をつくる保湿成分の キーポリンブースターが全商品に配合されています。

 

キーポリンブースター成分
アマモエキス

角層の水分保持機能をサポートし、肌のハリや透明感を保ってくれます。

 

アマモエキスにはメラニンを合成する酵素「チロシナーゼ」を抑えたり、メラニンを作る動きを抑制する働きがあります。

 

モモ葉エキス

モモ葉エキスには、保湿作用、抗菌作用や紫外線紅班抑制、抗炎症作用があり、化粧水以外では入浴剤やハンドクリームなど、特に保湿作用を目的に配合されているので、内側から明るくうるっとした肌へ整える効果があります。

 

ヤグルマギク花エキス

ヤグルマギク花エキスは、しわやたるみを抑える引き締め効果や、ニキビなどの肌トラブル解消、そして保湿効果があります。

 

オルビスユーに配合されているキーポリンブースターは、 肌全層の水の通り道である「アクアポリン」にアプローチする上記の3種類の成分からできているものです。

 

上記のキーポリンブースター成分は肌の細胞内部までうるおいで満たしてくれるという特徴があるのです。

 

オルビスユーのデメリット

オルビスユーモイスチャーにはスパチュラがついていない

オルビスユーモイスチャーにはスパチュラが付属していないので、ご自身で用意する必要があります。

 

そのまま指ですくって使用すると雑菌の繁殖の原因になるので注意してください。

 

 

まとめ

まとめますとこのようになります。

 

・オルビスユーの洗顔料・化粧水・保湿液は肌に刺激のある成分は配合していないので、敏感肌の方でも安心して使用することができる。

 

・オルビスユーは全成分アルコールフリーで保湿成分であるキーポリンブースターが配合されているのが特徴。

 

・オルビスユーの全商品には“肌細胞に潤いを届ける水もの通り道”をつくる保湿成分のキーポリンブースターが配合されている。

 

・オルビスユーに配合されているキーポリンブースター成分は以下の3つ。

 

□アマモエキス

 

□モモ葉エキス

 

□ヤグルマギク花エキス

 

・オルビスユーモイスチャーにはスパチュラがついていないので自分で用意しなければならない。

 

オルビスユーみんな読んでる関連記事
オルビスユーの口コミはどうなの?衝撃的すぎる悪い評判とかないの?